神奈川県民ホール

名古屋国際会議場の駐車場は?

名古屋国際会議場には、西ゲートから入る駐車場が3か所、南ゲートから入る駐車場が1か所あります。基本的には、この施設を利用する人以外の駐車場利用は出来ません。

4か所全ての駐車場合わせての収容台数は、一般車両638台、うち身障者用スペースが10台あります。バス用の駐車スペースも12台ありますが、これを利用するには事前に申請しなければなりません。

また、これらの駐車場の利用時間は9:00〜22:00で、駐車料金は一般車両1回につき700円となっています。朝一から夜までフルで利用しても一律700円なのは嬉しいですね。ただし短時間利用には向いていないので気をつけてくださいね。ちなみに、バスの駐車料金は1回2,000円です。この駐車場には駐車回数券が売られていて、11枚綴り7,000円なので、一般車両の駐車場を何度も利用する人にはおすすめですよ。

 

評判と口コミ

★★★★4
名古屋国際会議場では、イベントが重なる休日の場合駐車場が満車になることが多くあります。会議場の西にある名鉄協商のコインパーキングはアプリを利用すればネットから空き状況を確認でき、比較的空いている玄関裏から入れるこの場所はアクセスも良好です。料金は最大800円です。(愛知県 / 女性 / 30代 / NBOX / 2016年5月 / 日曜 / 名鉄協商名古屋国際会議場前)

★★★★★5
こちらの駐車場は少しだけ国際会議場から離れているため、最大料金が600円と安くなっていてお得です。施設内までは徒歩15分ほどですので問題ないと思います。ライブイベントなどで会議場の駐車場が満車になる場合は会議場より一本西側の道路にあるこちらの駐車場を狙うほうがおすすめです。(愛知県 / 女性 / 40代 / エクストレイル / 2017年4月 / 土曜 / タイムズ大宝2丁目)

★★★★★5
駐車料金は一日一回700円なので駅周辺に比べるとリーズナブルです。こちらの駐車場は638台収容可能で止めやすく、駐車場の管理するスタッフが誘導してくださいます。国際会議場玄関口へは歩道橋のような通路が連結されているのですぐに歩いて入ることが出来ます。(愛知県 / 女性 / 30代 / voxy / 2016年8月 / 水曜日 / 名古屋国際会議場内)

 

名古屋国際会議場の営業時間は?

名古屋国際会議場は、名古屋市制100周年を記念して開催された世界デザイン博覧会のテーマ館として利用された「白鳥センチュリープラザ」をベースに整備し、1990年4月に国際コンベンション都市・名古屋の中核施設として設置されました。大規模な国際会議はもちろん、講演会・集会・コンサートなどを行うことができるセンチュリーホールをはじめ、大小のレセプションホール、多目的室、多数の会議室などの施設で構成されており、さまざまなイベントを行うことができます。

イベントのよってその開始・終了時刻は異なりますが、センチュリーホール・イベントホール・第1・2リハーサル室は9:00~22:00、その他の施設は9:00~21:30まで利用することができるので、ほとんどのイベントがその時間内で行われています。

 

まとめ

今回は名古屋国際会議場とその駐車場について紹介しました。施設利用者のみ駐車場利用可能なので、周辺に用事のある方は他の駐車場を探さなければいけません。また大規模イベント時は駐車場に限りがある為確実に停められる保証はありません。そんな時に役立つのがインターネットから事前に駐車場を予約できるサービスakippaです!名古屋国際会議場周辺の格安駐車場が多数掲載されているので、是非一度ご覧くださいね。


名古屋国際会議場周辺の駐車場まとめ(akippa)
名古屋国際会議場周辺の予約できる格安駐車場はこちらから

その他愛知件のオススメ駐車場まとめ(akippa)
ナゴヤドーム周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
日本ガイシ周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
名古屋駅周辺の予約できる格安駐車場はこちらから


駐車場シェアアプリ「akippa(あきっぱ)

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分単位でネット予約して駐車できるアプリです。
誰でも簡単に空き駐車場を、シェアできます。

akippa TOPページへ