鶴見緑地

※駐車場情報の変更により、実際の情報と異なる場合があるので、詳細はリンク先ページをご確認ください

 

鶴見緑地の駐車場は?

鶴見緑地には、国道163号線沿いの花記念公園北口交差点近くの「北西駐車場」、そこより敷地内へ進むと「西駐車場」、花博通り沿いにある「中央第1駐車場」「中央第2駐車場」、鶴見通り沿いにある「南第1駐車場」「南第2駐車場」の計6か所の駐車場があります。

どの駐車場も営業時間は24時間入出庫可能で、普通車の駐車料金は7:00~19:00間は20分100円、19:00~翌7:00間は120分100円で、駐車開始から24時間までの最大料金は1,000円です。また、大型車の駐車料金は7:00~19:00間は20分200円、19:00~翌7:00間は120分200円で、最大料金の設定はありません。

普通車は6か所の駐車場全てに停めることができ、全収容台数は2,000台以上あります。大型車は「中央第1・2駐車場」「南第1駐車場」のみ駐車可能で全収容台数は約50台です。ちなみに自動二輪車は「中央第1・2駐車場」のみ駐車可能で、利用料金は1回200円となっています。

※消費税率引き上げに伴い料金改定がある場合がございます。

 

鶴見緑地の営業時間は?

鶴見緑地は、大芝生やこどもの森などの公園部分は基本的に24時間開放されていますが、その他は各施設によって営業時間は異なります。例えば「咲くやこの花館」の営業時間は10:00~17:00、「山のエリア」は4~10月の間は9:00~17:30、11~3月の間は9:00~16:30となっています。その他の施設はそれぞれHP上でご確認ください。

鶴見緑地の愛称で親しまれている「花博記念公園鶴見緑地」は、1990年に大阪市鶴見区で開催された「国際花と緑の博覧会」の跡地にある公園です。120haを超える広大な敷地の中には「咲くやこの花館」「ハナミズキホール」などの文化施設、「こどもの森」「アーモンドの森」などの遊具がある広場、「乗馬苑」「パークゴルフ場」「テニスコート」などのスポーツ施設、など様々なエリアがあります。他にも地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」を出てすぐにある天然温泉「鶴見緑地湯元 水春」や1年を通じて利用可能な「鶴見緑地プール」、ウエディングを挙げることができる「鶴見の森迎賓館」、四季折々に移り変わる美しい日本庭園を楽しむことができる茶室「むらさき亭」など1日中いても飽きない人気のお出かけスポットでもあります。

 

まとめ

今回は鶴見緑地とその敷地内にある駐車場について紹介しました。2,000台以上もの収容力を誇る駐車場なので、満車になることは滅多にありませんが、それでも繁忙期は空きスペースを探すのも大変です。鶴見緑地周辺でスムーズに、且つ確実に駐車場を確保したいなら、インターネットから事前に駐車場を予約できるサービスakippaが便利ですよ。


鶴見緑地周辺の駐車場まとめ(akippa)
鶴見緑地周辺の予約できる格安駐車場はこちらから

その他大阪府のオススメ駐車場まとめ(akippa)
心斎橋周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
新大阪周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
大阪城ホール周辺の予約できる格安駐車場はこちらから


駐車場シェアアプリ「akippa(あきっぱ)

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分単位でネット予約して駐車できるアプリです。
誰でも簡単に空き駐車場を、シェアできます。

akippa TOPページへ