nambaparks

※駐車場情報の変更により、実際の情報と異なる場合があるので、詳細はリンク先ページをご確認ください

なんばパークスの駐車場は?

「なんばパークス駐車場」は地下階2F、地上2〜5Fに立体駐車場があります。地下駐車場は営業時間7:00〜23:30、立体駐車場は9:00〜翌0:30までと時間が異なっていますので注意してください。

利用料金はどちらも共通となっており、平日15分100円最大料金1500円土日祝は20分250円最大料金はありません。また、割引サービスも用意されており、なんばパークス、隣接するなんばCITY内で合計5000円以上買い物をすると利用料金が2時間無料となります。

駐車場入り口は地下、立体共に共通となっており、なんばパークスを挟んで東、西にそれぞれ一つずつあります。隣接するなんばCITYの駐車場とも繋がる形となっていますが、この2つは提携する施設の為、問題無く利用することができます。

※消費税率引き上げに伴い料金改定がある場合がございます。
 

 

評判と口コミ

★★★★4
出入り口も幅があり、駐車場内の道幅も車2台が対向できるスペースがあるので大きい車でも駐車がしやすい駐車場です。平日は最大料金の設定もあり、比較的空いているので難波で買い物をする際には利用しやすい駐車場です。(大阪府 / 30代 / 女性 / N-Box / 2016年 / 8月 / 木曜)

★★★★4
入り口で地下駐車場を選択しました。エレベーターで上階に上がれば買い物はスムーズです。機械式であり、スタッフが案内と操作をしてくれるので、何の苦労もありません。パークスでの買い物優待料金もあるので、買い物目的のときはとても便利です。(大阪府 / 30代 / 女性 / N-Box / 2015年 / 8月 / 水曜)

 

なんばパークスの営業時間について

なんばパークスは大阪市浪速区、南海電鉄難波駅の南側に立つ複合商業施設です。施設全体で「緑との共存」と言うテーマで作られており、屋上庭園があったり、いたるところに樹木が植えられている近代的なデザインとなっています。また、隣接して高さ149.65m、地下3階から地上30階まであるオフィスビル「パークスタワー」が隣接しています。

若い世代には意外と知られていませんがなんばパークスが建設される前は南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)のホームグラウンドであった大阪球場があり、なんばパークス内には当時のホームベース、ピッチャーマウンドの位置に目印がつけられています。

なんばパークスは地下2階から地上10階の構造となっており、映画観、ショッピングフロア、飲食フロア、馬券販売場など様々なテナントが入居しています。営業時間はショッピングフロアは11:00〜21:00飲食フロア11:00〜23:00、アクセスは各線難波駅から徒歩5分〜10分程度となっています。

 

まとめ

今回はなんばパークスと駐車場についてお伝えしました。なんばパークス駐車場は隣接するなんばCITYとも提携してはいますが、週末や連休などは満車になっていることも珍しくありません。なんばパークスを満喫するためにもインターネットで駐車場予約ができる「akippa」などのサービスを利用して事前に確保しておきましょう。

 


なんばパークス周辺の駐車場まとめ(akippa)
なんばパークス周辺の予約できる格安駐車場はこちらから

その他大阪のおススメ駐車場まとめ(akippa)
心斎橋周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
梅田周辺の予約できる格安駐車場はこちらから


駐車場シェアアプリ『akippa(あきっぱ)』

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫を、15分単位でネット予約して駐車できるアプリです。
誰でも簡単に空き駐車場を、シェアできます。
akippa TOPページへ