京都水族館

京都水族館・京都鉄道博物館の駐車場は?

京都水族館や京都鉄道博物館の利用には、リパーク梅小路公園東と梅小路公園おもいやり駐車場が便利です。リパーク梅小路公園東は梅小路公園に隣接しており、七条通り沿いに位置しています。

20時〜翌朝8時の間は1時間あたり100円、8時〜20時の間は20分あたり200円です。平日でも土日でもこの料金は変わりません。ただし、平日は最大料金入庫当日24時まで1000円で、土日は最大料金の設定はありません

水族館と博物館のちょうど中間に位置しているので、移動がしやすく便利です。少し歩けば周辺にJR京都駅で買い物もできます。梅小路公園おもいやり駐車場は、公園の5番出入り口の直ぐ側にあります。鉄道博物館は、徒歩1分の距離にあります。博物館を利用したい方にはぴったりの駐車場です。

24時間営業で、料金は入庫から2時間まで平日は800円土日祝900円となっており、以降60分ごとに200円と設定されています。北コーナーを含めて119台という収容台数を誇っているので、比較的すぐに車を停めることが出来るのもポイントです。家族やカップルで梅小路公園を利用する際はどちらかの駐車場をチェックしてみてください。

 

リパーク梅小路公園東

 

梅小路公園おもいやり駐車場

京都水族館・京都鉄道博物館の営業時間について

国内最大級の内陸型水族館として2012年にオープンした京都水族館は、梅小路公園の中に位置しています。日本で初めて人工海水を100%使用した水族館でもあり、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。近隣に流れている鴨川に生息しているオオサンショウウオを始めとした動物が約250種類展示されており、イルカのショーやアザラシの姿を楽しむこともできます。

建物の直ぐ側には芝生スペースがあり、レジャースポットとして利用できるようになっています。営業時間は、通常時10時~18時です。気象情報によっては、営業時間が変更になる場合もあります。

また、京都鉄道博物館も同じく梅小路公園にあり、多くの種類の車両が展示されています。2016年にリニューアルオープンし、こちらも京都水族館とともに親しまれている施設です。京都鉄道博物館は西日本旅客鉄道が運営している博物館で、SLといった蒸気機関車や、検修庫の展示があります。その他にも運転シミュレーターやATS・ATC体験といったサービスも導入されており、体験しながら楽しむことが出来るようになっています。

鉄道ファンだけでなく、子供から大人まで楽しむことが出来る場所として人気です。京都鉄道博物館の営業時間は、10:00~17:30までです。入館自体は、17:00までとなっています。

 

まとめ

人気の京都水族館や京都鉄道博物館に近いリパーク梅小路公園東と梅小路公園おもいやり駐車場を紹介しました。どちらの駐車場も立地が良く、目的の施設に近いのでとても便利です。京都の観光を車でしようと考えているのであれば、駐車場が必須になります。事前に調べてakippaを利用して、有効活用することをおすすめします。

 


京都水族館・京都鉄道博物館周辺の駐車場まとめ(akippa)
京都水族館周辺の予約できる格安駐車場はこちらから

その他京都のおススメ駐車場まとめ(akippa)
京都駅周辺の予約できる格安駐車場はこちらから
嵐山周辺の予約できる格安駐車場はこちらから


駐車場シェアアプリ『akippa(あきっぱ)』

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫を、15分単位でネット予約して駐車できるアプリです。
誰でも簡単に空き駐車場を、シェアできます。
akippa TOPページへ